お茶の水クリニック

トップページへ - クリニックについて / 患者さんの体験談

お茶の水クリニック

理念

すべての病気は「血液のよごれ」が原因であり、従って「浄血」こそ万病の根本療法です。

また、食物は「生命をつくるもと」であり、生まれてから成長し死に至るまでの食物の質が「血液の質」をつくります。

現代医学の技術や医薬品のみに頼った対症療法-症状だけを抑えるという考え方を改め、正しい食生活で浄血し、自らの自然治癒力を高め回復させましょう。

当クリニックでは、内臓機能検査・血液検査・血液生態解読等を行ない、正しい体質の判定をもとに森下博士の浄血理論に基づいて体質にあった玄米・菜食の食事療法を指導致します。

間違った指導者に頼ったり、自己流の玄米菜食をすると、却って健康を損なう事もあります。

健康維持のためにも当クリニックのアドバイスを受けるようにしましょう。

特に現在病気の出ている方は、体質に合わない間違った方法をとると、病気を増悪させる恐れもあります。

当クリニックの診察を受けて、正しい食養・自然医食療法を実行なさるようおすすめします。

診療の流れ

当クリニックの診療を初めて受診していただく際には、まず食事指導を受けていただきます。

1) (食事指導)

2) (初診)

3) (再診)...(再診)...

尚、当クリニックの自然医食療法をご理解いただくため、
お越しいただく前に、森下敬一博士の著書を1冊以上お読みいただくようお願いしております。ご了承下さい。

詳しくは書籍一覧をご覧下さい。

当クリニックでは「自然医食のすすめ」または「ガンは恐くない」をおすすめしております。

また、食事療法をなさることに対して、ご家族の了承も頂くようお願いしております。

食事指導

クリニックのスタッフが、詳しく丁寧に自然医食療法を実行するために必要な食事法とその理論を指導します。食事指導は何度でもお受けいただいて結構です。

  • 指導日:毎週木曜日の午前9~13時頃まで(要予約)
  • 受付時間:午前9時
  • 内容:入会手続き(会員ではない方)、カルテ作成(初めての方)・食事指導
  • 料金:無料(初診を受けることを前提で、食事指導をお受けいただきます。)
    ※食事指導後には、ぜひリフレッシュ・ユニオンで「長寿食」を味わってみて下さい(有料)。

診療

お茶の水クリニック

診療は電話での完全予約制になっております。
(診察は特別会員の方が対象となります。同居家族の方も会員と同じように診療が受けられます。)

  • 受付時間:午前9時~10時30分
  • 受診料:初診 16,200円(税込)
        再診 10,800円(税込)
  • 血液検査なしの再診 7,350円(税込)
    ※代理相談もこれに準じます。
    ※特別検査の料金は別途頂戴いたします。
    (初診の方には必ず、森下血液生態検査を受けていただいております。再診の場合は、希望者のみ承っております。)
  • 主な検査項目
    ・血液検査(23項目)
    ・尿検査
    ・血圧測定
    ・体力測定
    ・骨密度測定
    ・森下式内臓機能検査(マルチレーターを使用し、内臓の機能を調べます。)

お茶の水クリニック

お茶の水クリニック待合室

お茶の水クリニックお茶の水クリニック

特別検査(希望者のみ)

森下血液生態医学に基づく血液の解析

お茶の水クリニック

「血液生態解読」システムにより、ご自分の生きた血液を画像で確認。
森下院長の50年に亘る血液研究の経験から、あなたの血液を解析します。
(患者ご本人の来院時のみ)
血液生態検査料:会員=3,240円(税込)、非会員=5,400円(税込)

お茶の水クリニック

患者さんの耳朶からごく少量の血液を抽出し、
その場でお調べしております。
そこで発見された肉毒や公害物質などの様々な毒素や
ボンパ血管などから4つを選び、写真印刷をしております。


森下氣能医学に基づく氣能値・相性測定

ご本人の「毛髪」から強化食品・薬草茶との相性、内臓氣能、穀類やその他食品、宝石(希望者のみ)との相性を測定します。

森下氣能医学の誇る、最先端の検査です。ただし、患者様のみ対象となります。

森下氣能内相検査料:19,440円(税込)(郵送による検査も受付けしております。)
※宝石との相性(検査)を希望する場合 :検査料= 21,600円

住所・お問い合わせ先・交通案内

お茶の水クリニック

  • 住所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-7-3 唐木ビル3階
  • 電話番号:03-3814-6786/6622(予約専用)
  • 予約受付時間:午後2時~5時(月~土曜日)
  • 交通案内

クリニックの医療について、詳しくは森下敬一院長著書を是非ご覧下さい。