咽頭癌

トップページへ - 患者さんの体験談

自然医食で喉頭癌完治33年

患者さんの体験談

Aさん(大正11年生まれ・83歳)は、33年前にお茶の水クリニックの食事療法を実践され、喉頭癌を克服されました。83歳の現在、癌は消え健康そのものです。ただ、残念な事に放射線の後遺症のために苦しんでおられました。

過日、日立市にあるご自宅を訪問し、奥さまも交えて癌克服の貴重な体験談と放射線の後遺症について、お話していただきました。

Aさんは、かつて写真業を営んでおられました。しかし、49歳の時に現代医学の病院で喉頭癌と診断されて入院。手術を勧められましたが、お客様相手の仕事上、どうしても声帯を取るわけにいかない、と手術を断ったそうです。 3ヵ月間、制癌剤と放射線治療を受けて退院したものの、医師から「再発した時には今度こそ切除しなければならない」と釘を刺されたそうです。医師の予告通り(化学療法による経過は予測が可能)約3ヵ月後にはまた癌ができたのだそうです。

手術をすれば声帯も切除され声が出なくなるので、何とか切らない方法は無いものか、と必死の想いでおられた時、同業者の複数の方から、「馬鹿にされたと思って行ってみませんか」と勧められたのが「お茶の水クリニック」だったそうです。

「食事療法」を知ったのは初めてでしたが、森下博士から血液を浄化しない限り、何回も切除しても又癌が出来る事、従って食事で血液を弱アルカリの方向へ浄化させるように、と懇切丁寧に説明を受け「成る程」と納得なさったのだそうです。

食事療法にはご家族の協力が大きな支えとなります。奥様は真心のこもった食事作りを貫き、親戚や周囲の批判の声の盾となってAさんを守ってこられたのです。

発病後の経過についてお二人が語って下さいました。

Aさん 入院(現代医学の病院)している時は、子供がまだ小さくて、日曜日に見舞いに来てくれるんだけど、疲れたと言って俺のベッドに潜り込んでそのまま寝ちゃうんですよ。それを見て「死ぬわけにはいかない、死ぬわけにはいかない」と思ってね。

奥さま 死なれちゃ困るでしょう。とにかく、昔は癌っていうと、死の宣告を受けたのと同じ。最初の時に「検査してみなければ判らないけど、喉頭癌は7~9割方亡くなる方がいる」と言われショックが大きかったですよ。病院で訊ねると「2年位もてばいいでしょうが」っていう口調でしょう。
3ヶ月経って退院する時には「必ず再発するという事がありますから、今度は声帯を取るようになります」と言われて。再発して再入院しなければならない、という時に森下先生の所にすがりついて(笑)

Aさん 入今年で33年になりますからね。クリニックが始まって間もない頃ですね。

奥さま 最初は「癌センターへ行けばいいのに」とか「何でそんな事やっているんだ」とか言われましたが、本人がやる氣になったんだから少し様子をみて、と。その内にあそこは玄米食だから、と協力してくれるようになりましたが、看板取るまでが大変でした。お正月に実家へ行くにも混ぜた薬草茶をはじめ全部持参しました。
そのせいか、私も子供達も病氣になった事が無いですよ。食事作りは全然抵抗無かったですね。よく「自然食って美味しくないでしょうよ?」って皆さんに言われて「家で食べてみて」と呼んで食べてもらいましたよ。子供達(当時小学3年生と5年生)は玄米のお弁当を持っていくんです。最初はお父さんのためだから、としぶしぶ持って行ったのに、友達が珍しがるので「今日は誰の番」とか言って弁当を取り替えたりするうちに、抵抗なく食べるようになりました。

Aさん 入森下先生に出会えて本当に私は運がいいというか、これだけは幸せだと思う。ウン。

━ご本人の努力以外の何物でもないと思いますよ。

奥さま そう。こればかりは、周りで騒いでも、食事を作ってあげても、本人が「食べない、やらない」って言えば、それまでですからね。
おかげさまで、食事療法を始めて2年目で調子が良くなってきたから、入院した時の同質の方たち8人に教えてあげようか、と片っ端から電話かけました。そうしたら一人だけ除いて、皆亡くなっていました。その一人も今はなくなってしまいました。もっと早く教えてあげれば良かったって。ショックで具合悪くなって、どうしようという感じでした。

Aさん 入入院している時、私は割合体調が良かったから、病院に頼まれて同質の患者さんを放射線室まで案内してあげたりしていたんですよ。

━食事療法は正しかったと実感されたのではないですか?

Aさん 入本当。俺が選んだ道は間違いなかった、と今思うわよ。

奥さま 今でも森下先生を拝んでいますよ(笑)。

Aさん 入癌が治っちゃったの。だけれど22年位経ってから、放射線の後遺症で火傷みたいに食道と器官が細くなったんです。喉に穴を開けて呼吸できるようになり、食道の細い所は、鼻から風船のような物を入れて膨らませて食べ物が通り易いようにしたんですが、 3年に1回やり直さなければならないんです。

━放射線の後遺症ですか?

奥さま そう、この間も病院で検査だけしてもらいましたが、私達どこも悪い所が無い。正常なんです。最初は放射線の後遺症と認めなかったのですが、他の病院で確認しました。それで手術した病院でもやっと後遺症と認めました。

Aさん 入放射線の後遺症ってひどいですね。癌は治ったのに、今放射線の後遺症だけで悩んでいるわけです。