月刊誌「森下自然医学」522号

トップページ - 月刊誌「森下自然医学」

次号 - 今号 - 前月号

2009年12月号(522号)

2009年12月号(522号)
  • 特集1「特別座談会 愛されつづける温熱療法 改良に改良を重ねて30年…」
    「体温が上がれば色々な生理機能が改善されます。体温を上げる―これが病気治しの重要なキーワードになってきます。この観点からも、『三井式温熱治療器Ⅱ』は大変優れた治療器具と言えます。お茶の水クリニックでも患者さんに勧めさせていただいております。」(森下敬一談)
    本編では、高木幸江氏(三井温熱(株)代表取締役)、井草克一氏((株)ビオネ代表取締役)、永井浩二氏(三井温熱療法師会会長)を迎えての座談会の模様を詳しく掲載しております。
  • 特集2「対談 長寿の秘訣は“自然治癒能”」
    巴馬の長寿者は長寿の遺伝子があるから長生きするわけではなく、完全に環境的な問題、すなわち、山の形や日常水にあると考えられます。桂林の水墨画で描かれている山々の形は常時降り注いでいる宇宙エネルギーをどんどん吸収して蓄えられる形状、つまり地理的・地勢的な形そのものに、長寿の要因の一つがあります。(本文中より)
    本編では、金鋒氏(中国科学院教授)を迎えて行われた対談の模様を詳しく掲載しております。
  • 巻頭カラーページ
    • 特別座談会 愛されつづける温熱療法 改良に改良を重ねて30年…
    • 対談 長寿の秘訣は“自然治癒能”
    • 水と健康と環境
    • 書籍案内『がんが自然医学療法で改善!』
    • Natural Cooking 「蓮根とイタリアン風もちあわだれの和えもの」
    • 誌上ギャラリー「書」
  • 好評連載シリーズ
    • クリニック点描(第198回)「自然医食のおかげで、身も心もきれいに
      ―野菜を自分で作りたい―(卵巣癌)」
      今回は、神奈川県在住のSさん(58歳・女性)のお話です。
      平成16年、卵巣癌で手術・抗癌剤の治療を受けられましたが、身体の限界を感じ取られ、食事療法をすることを決意されました。
      徹底した自然医食を実践されてから約2年間。排毒が促進されて身体が楽になっていくことを体感され、気持ちの面でも前向きに―。病気になったおかげで、食べられる・動けるという極々当たり前のことに対して感謝の気持ちが自然と湧いてきたそうです。
      森下院長の指示を忠実に守られた結果、現在では、時々外食されたとしても、即座に解毒できるくらいまでに身体の自然治癒力が備わり、上手に友人とのお付き合いもされていらっしゃいます。
      また、慢性の手足の関節痛に関しても、院長の言われる通り、魚の頭の煮凝りを食事の際に摂られたことで、痛みが完全に消失。5年前に卵巣癌であったとは思えないほどバイタリティーに溢れているSさんは、仕事への復帰を考えておられ、今後は農業に携わるお仕事をして、いずれは野菜を自家栽培したい―と、意欲を燃やされていらっしゃいました。
      本編では、この方の診療内容とお話をより詳しくご紹介させていただいています。
    • 巻頭随想 「美酒(うまざけ)と詩心(うたごころ)」
    • 現代人の病気 第5回 「現代人の低体温化」(イシハラクリニック院長・石原結實)
    • 自然医学から見た病態生理学講座(31) 「進化論の誤りと癌治療の誤り その3」(岡田恒良)
    • 北の空から(4) 「古木を温(たず)ねて近きに訊く」(自然食の店「まほろば」主人・宮下周平)
    • 身近に潜むアブナイもの…(52) 八ッ場ダムに潜む、猛毒ヒ素汚染の恐怖―ヒ素500トン(致死量25億人分!)が下流東京を襲う―(地球環境問題評論家・船瀬俊介)
    • 作物はどこから来たか第18回  「イネ(稲)」(中村陽一)
    • 巻頭随想  (「稲作以前の「食」」)熟読玩味
    • オレゴン便り(第74回) 「お迎え」(精神科医:甲斐睦興)
    • 生きる力を育む(第16回)(中村陽子) 「今、日本の水源地で起こっていること」
    • 自然医食的<薬になる食べ物>11
    • 太田龍と自然医学(第3回)
    • 座談会 患者や悩める人の“良薬”を目指して(後編)―活躍する森下自然医学の治療家たち―
    • 自然医学誌俳壇(第108回) 文化の日・林檎(俳人:秋山素子)
    • グルージアから 今月これが一押し! 「雲貴田七」
    • シリーズ 新・医を考える(第61回) 「統合医療について」(大内晃一)
    • 物語「許浚(ホジュン)」にみる森下自然医学 最終回
    • 大地からの便り 医術から医学へ 医術パピルス(医学テキスト)
    • 森下流鍼灸師への道~ある鍼灸師たまごの日記~第4回
    • そこが知りたい自然医学Q&A 第18回  血圧は高めがいいの?低めがいいの?
    • 森下敬一随想集「花吹雪」(第128回)  インティ・ライミ(太陽の祭典)
    • Natural Cooking 蓮根のイタリアン風もちあわだれの和えもの
    • 運の良くなる病気の治し方 低体温は免疫力が低下、温めよう!(熱海断食道場・牧内泰道)
    • 森下クリニック通信(第196回) 今月のテーマは“大豆”です
  • もっとあります!
    自然医学に関するマスコミ情報、読者の広場、プレゼントクイズ、クリニックからのお知らせなど、見どころ満載です。