月刊誌「森下自然医学」524号

トップページ - 月刊誌「森下自然医学」

次号 - 今号 - 前月号

2010年2月号(524号)

2010年2月号(524号)
  • 特集「新春放談「森下自然医学を支える多士済々」」
    癌の次は精神病が蔓延すると、数十年前から警告を鳴らしていた森下敬一会長。うつ病をはじめ、精神疾患者が増加の一途を辿る今、3人の医師たちを何を語り、何を目指しているのか。
    本編では、岡田恒良博士(なごやかクリニック)、酒向猛博士(セントマーガレット病院)を向かえ行われた鼎談の模様を詳しく掲載しております。
  • 巻頭カラーページ
    • 新春放談「森下自然医学を支える多士済々」(後編)
    • Natural Cooking 「白菜と油揚げのくるくる煮」
    • 誌上ギャラリー富士山―河口湖にて
  • 好評連載シリーズ
    • クリニック点描(第200回)「薬害を乗り越え、難病でも元気に生活
      ―検査の数値にとらわれず―(突発性血小板減少性紫斑病)」
      今回は、大阪府在住のKさん(68歳・女性)のお話です。
      突発性血小板減少性紫斑病―即ち、難病のなかでも、国内で臨床研究が発展途上ということで、国による公費助成が必要と判断される特定疾患の一つ。近年では、自己免疫が関与している―との説も挙がっているが、突発性の名の如く、原因不明の見方は拭いきれず、未だ核心を捉えられていないのが現状です。
      Kさんは、昭和53年にいの状態を悪くされたということで定期的にレントゲン検査を高い頻度で受けられ、また、同時に膵臓の具合も悪くされたことで化学薬剤の服用もされていました。
      このような上京が続き、約7年が経過。血小板の数が極度に少ないということで精密検査をされた結果、稀少疾患である突発性血小板減少性紫斑病―と判明。すぐさまステロイド剤の投薬治療が開始されましたが、検査の数値が安定するのは一過性で、そのうちに薬害による蓄積で副作用が強く現れ、森下自然医学をお知りになれたのを機に、病院との縁をきっぱり断たれました。
      食事療法を実践されて約20年間、途中で排毒現象とも思われる卵巣嚢腫にも罹られましたが、薬毒の一掃とともに見事に回復。
      検査の数値に拘わらず、人一倍お元気な木田さん。これからも、食事を正しながら元気に過ごしていきます―と、宣言されていらっしゃいました。
      本編では、この方の診療内容とお話をより詳しくご紹介させていただいています。
    • 巻頭随想 「好事魔多し」
    • 現代人の病気 第7回 「温める食物、冷やす食物」(イシハラクリニック院長・石原結實)
    • 自然医学から見た病態生理学講座(33) 「血流と脂質 その2」(岡田恒良)
    • 北の空から(6) 「終わりの滴、始まりの滴」(自然食の店「まほろば」主人・宮下周平)
    • 身近に潜むアブナイもの…(55) 「お~い!お茶」はもう飲めない?―お茶に農薬ネオニコチノイド、EUの500倍残留リスク―(地球環境問題評論家・船瀬俊介)
    • 作物はどこから来たか第20回  「リンゴ」「ナシ」(中村陽一)
    • 巻頭随想  (「富士山(フジヤマ)の飛魚」)熟読玩味
    • オレゴン便り(第76回) 「意『気』投合」(精神科医:甲斐睦興)
    • 生きる力を育む(17) 「おいしい手作り醤油ができました」(中村陽子)
    • 自然医食的<薬になる食べ物>13
    • 太田龍と自然医学(第5回)(栗原千鶴子)
    • 講演会 第30回自然と健康を守る会 生産者と消費者の集い
    • グルージアから 今月これが一押し! 「延寿藻」
    • シリーズ 新・医を考える(第63回) 「寝たきりを防止しよう~ロコモ(運動器症候群)について」(大内晃一)
    • 自然医学誌俳壇(第110回) 「淑気(しゅくき)・ぽつぺん」(俳人:秋山素子)
    • 大地からの便り 古代エジプトの健康と美容 食物と身体の手入れ
    • 森下流鍼灸師への道~ある鍼灸師たまごの日記~第5回
    • 森下村の一休さん登場!!第2回
    • そこが知りたい自然医学Q&A 第20回  玄米菜食をする際に気をつけること
    • 森下敬一随想集「花吹雪」(第130回)  “青い海”と“赤い海”
    • 国際自然医学会支部だより ・脳の免疫力アップ! 魔方陣で元気、元気 No.2
    • Natural Cooking 白菜と油揚げのくるくる煮
    • 運の良くなる病気の治し方 馬は『何を食べていますか?』(熱海断食道場・牧内泰道)
    • 森下クリニック通信(第198回) オオバコ
  • もっとあります!
    自然医学に関するマスコミ情報、読者の広場、プレゼントクイズ、クリニックからのお知らせなど、見どころ満載です。