森下自然医学とは

トップページへ - 森下自然医学とは / 森下敬一博士 / 書籍一覧 / 国際長寿科学研究所

森下自然医学とは

35年前に開業

 1970(昭和45)年、お茶の水クリニックは「ガン・慢性病の食事療法」を旗じるしに開業しました。開業以前の20年間は、大学の研究室で「食物と血液」を課題に実験研究を積み重ねたこともあり、病氣はライフスタイル(食生活・環境・心)の乱れによって発症します(食因説)。

 病氣はライフスタイル(食生活・環境・心)を改善することによって治癒する(食治法)ということを確証しました。

自然と共に生きるということ

 先人達は、自然と共存することを日常に取り入れていました。四季を感じ、自然の恵みをいただき、“人間は自然の中に生かされている”ということに感謝し生活していました。

 しかし、現代人は人間のエゴや私利私欲・便利さを追い求める為に、自然を破壊し、傲慢な行動を取り、生かされている事を忘れてしまっています。

 こんな状態をいつまで続けるつもりでしょう…。

 最近頻繁に起こる自然災害もそしてガン・慢性病をはじめとした数々の病氣も、現代人の反自然的生き方が大きな原因といえるでしょう。

問われるべき現代医療

 またそれに対処すべき方法として、西洋医学を取り入れていますが、それらは悪い所を切り取り、見える・感じる痛みだけを化学薬剤で取り除こうとしているだけです。これは、完全に間違いです。

 ガンはなぜ発症するのか…?慢性病はなぜ完治しないのか…?

 これらの原因を追求し根本的な治療をしない限り、決して治癒には結びつきません。

 また、常識とされる西洋医学の生理学も間違っています。例えば、血液は骨髄ではなく、腸で作られるということ…。

「浄血」こそが治癒の鍵

 40余年前の血液研究時代に、腸管造血※(1960年、腸の絨毛組織から赤血球が生まれる所を顕微鏡にて発見・撮影)、経絡造血※(2004年、植物官能性≪氣および生命エネルギーによる≫造血=経絡造血を、氣能≪波動≫医学的検索によって精査し発表)を発表しました。

  • 腸管造血・経絡造血について
    • 生体の造血機能は二種類あって、①腸管(絨毛)造血と、②経絡造血とが同時進行で機能している。
      ① は、赤血球造血作用が主体の「三次元的腸管造血現象」である。消化された食物が小腸絨毛細胞に分化する事によって、絨毛内腔に「赤血球母細胞」を送り込む―という劇的な赤血球誕生現象は、イ食物→ロ絨毛上皮細胞→ハ赤血球母細胞の三者が揃わなければ成立しない。骨髄、肝及脾等々では役者不足なので演劇は開幕も不可能だ。
       赤血球母細胞は、数十箇の赤血球を内胞すると共に、絨毛内血管壁に穴を開けてこの赤血球群を人体血流中に送り込む。この際、母細胞の核は巨大過ぎて残存。母細胞・核群は絨毛谷間のパイエル板に集まり、淋巴球化して「腸管免疫」の第一線に立つ事となる。
      ② は、淋巴球造血主体の「四次元的経絡造血」である。当初、私達は耳朶穿刺血液中に頻繁に出現する経絡管様チューブを「ボンパ血管」と名付けた。それは金鳳漢管(北朝鮮)の「鳳」、淋巴管の「巴」に血管を追加した新造語だが、是が人体内では極めて重要な役割を果たしている事が漸次判明。
       「ボンパ血管」や経絡管は、体内の血管・淋巴管の走行・分布と略同様で、全身の臓器組織の細部に至る迄、血管・淋巴管と同行している。
      全身到る所に「赤血球幹細胞」有り―と言うのは、ボンパ血管内のソマチッド(生命最小単位)が吸氣成長→淋巴球化→Hb吸収赤血球化…の一部を見ているのだ。
      この「赤血球幹細胞がアチコチに有る」との局所的観察も、「生体造血現象の二重構造理論」の極一部に過ぎぬ事を見落してはならない。
      尚、①腸管造血による赤血球は勿論、②経絡造血による「淋巴球→赤血球化」の赤血球も亦、「赤血球の全身組織細胞への分化現象」を有する―との見解に就いては、既に半世紀に亘って強調してきた処である。

 口から入った食物は腸に行き、血液に変わる、そして血液は体細胞を作る(食物→血液→体細胞)この一連の流れがわかれば、病氣発生のメカニズムもおのずとわかるはず=病氣治しの方法も見出すことが出来ます。

 人口一億人が総半病人状態の昨今、この危機にブレーキをかけるのは、ライフスタイル(食生活・環境・心)の改善しかありません。

 さあ、あなたは動物性蛋白質・精白食品・薬漬け食品を食べて病氣になる派?
 それとも玄米(雑穀)・菜食をして健康長寿派?